海外ビジネスの極意とちょっと一息

アクセスカウンタ

zoom RSS ソ連からロシア、モスクワへの最初の出張

<<   作成日時 : 2018/01/13 15:39   >>

トラックバック 0 / コメント 0

1980年3月末にロンドンからモスクワ経由で日本に帰国しました、燃料補給の為の経由でしたが、モスクワ
空港に初めて降り立ち、数時間後、モスクワから成田へ向かいしまた、その頃のソ連は、東西冷戦真只中で、緊張してモスクワ空港内に入ったことを覚えています、多くの軍人が銃を持って警備をしていました、何か戦時下の様な空気を感じました、機内に戻ると、Times等の西側の雑誌は全て没収されていました、今思えば、怖いです。

その後、1991.12にソ連が崩壊し、新たにロシアが出来ました、ビジネスで初めてロシアに出張したのは、
21世紀になってからです、ソ連の崩壊時に、その時の経済の中枢にいた人達は殆どすべて排斥され、その時の30歳代の若いビジネスマンが活発に事業を起こし、40歳代の一番元気な時期にモスクワを訪問することが出来ました、市内は活気があり、欧米からの投資も増え続け、私が関与していた代理店も大幅な売り上げ拡大を経験していました。

しかし、その後は急激な拡大が裏目になり、多くの企業が債務超過に陥り、倒産をしたようです、私がビジネスをしていた会社も粗全て消滅しました、その後、ロシアへ行く機会は有りませんが、メデアで見ているだけですが、経済の疲弊が続き、かつての勢いが全く無いように思います。

私は、この機を好機としてとらえ、日本は官民挙げて積極的に投資し、モスクワの経済の活性化をサポートしていき、できれば、早い時期に北方領土問題の解決に結び付けてほしいと、私見ですが願っています。


東欧革命1989:ソ連帝国の崩壊
白水社
ヴィクター セベスチェン


Amazonアソシエイト by 東欧革命1989:ソ連帝国の崩壊 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル







テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ソ連からロシア、モスクワへの最初の出張 海外ビジネスの極意とちょっと一息/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる