海外ビジネスの極意とちょっと一息

アクセスカウンタ

zoom RSS ロンドンへの留学(いとしのエリー)

<<   作成日時 : 2018/01/12 19:45   >>

トラックバック 0 / コメント 0

1979年、サザンオールスターズの”愛しのエリー”が大ヒットしていた時、海外へ初めて留学渡航することになりました、金銭的には全く潤沢ではなく、成田空港からシャルルドゴール空港行きの大韓航空でヨーロッパに向かい、空港からパリ市内の南駅に行き、鉄道でロンドンにいく計画です。
何とか南駅にたどり着き、ロンドンへの鉄道切符を買おうと思いましたが、英語が全く通じません、路頭に迷っていると、日本人の女性がフランス語で助けてくれ、何とかチケットを買うことが出来ました、そして、何とか、鉄道に乗り、ロンドンに向かいましたが、その当時、鉄道とフェリーがジョイントでチケットを発券していた為、鉄道を
下車する駅も非常に複雑で、どこで下車するのを迷っていた時、前述の女性が再度、助けてくれて、何とかロンドンのビクトリア駅に到着することが出来ました、ヒア汗の連続でした。

因みに、英国イミグレレーションは厳しいので、服装はスーツを着ていきなさいとの旅行会社のアドバイスが有り、長時間の旅程に関わらず、ネクタイを締め、常に窮屈な服装で過ごしました、今では、考えられませんね。

ビクトリア駅に着いて、Home Stay先の家庭まで、公共機関を使って行く、気力、体力は既に無く、ビクトリア駅から、ロンドンタクシーでHome Stay先へ向かいました、到着したのは、日本の自宅を出て、30時間後の夜の8時頃だったと思います、40年前の私の海外ビジネスの原点です。

今でも”いとしのエリー”を聴くとその当時を思い出します。



いとしのエリー
ビクターエンタテインメント
2005-06-25
サザンオールスターズ


Amazonアソシエイト by いとしのエリー の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ロンドンへの留学(いとしのエリー) 海外ビジネスの極意とちょっと一息/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる